Menu

イメージギャラリー

Home

塗料ワンポイントアドバイス

キレイに仕上げるコツと、道具の基本的な使い方を解説いたします。

塗る場所、素材に適した塗料を選ぶ

塗料には使い道や目的によって様々な種類があります。
あやまった使い方をすると、きれいに仕上がらなかったり、のちに下からサビが出たり、塗料がはがれたりします。
容器に印刷された用途表示をよく読んで塗料を選びましょう。

塗料や塗るものに適した塗装用具選び

刷毛は使う塗料の種類によってペイント刷毛・水性刷毛・ニス刷毛の3種類があります。形もズンドウ刷毛・平バケ・スジカイ刷毛と分かれています。
また広い面用に口-ラー刷毛やコテ刷毛もあります。塗料や塗る場所に応じた塗装用具を使えば、仕上がりもきれいになり、作業能率もグンとあがります。

素地をよく整える

塗装の前には、塗るものを良く乾燥させ、表面の手入れを十分にしてください。
よごれ・はがれた古い塗膜・サビ・油分・カピなどは、きれいに落としておきましょう。
そのまま塗ると、はがれたり、よごれがしみ出てきたりします。

イメージギャラリー

  • Before

    階段施工前 大田区南六郷ダンスホール階段

  • After

    階段施工後
    使用防水材:旧塗膜撤去下地調整/プルーフロンプライマー/プルーフロンバリュー/プルーフロンGRトップ/ノンスリップ仕様/鉄部・錆止めH20デクロ/上塗りファインウレタン100

  • Before

    床施工前 大田区南六郷ダンスホール

  • After

    床施工後 階段と同じ防水材です。